備忘録

商品レビュー・パソコン関係中心です。

自宅用ファイル・TVサーバーについて。

こんにちは、私です。

 7月に入り、どんどん気温も上がって外へ出るのが億劫になりますよね。

それに伴い部屋のデスクトップパソコンを起動させるとみるみる室温が上がる・・・。

たまったもんじゃないですよね~。

しかし、涼しい部屋や水風呂などで涼みながらテレビや動画を見たい。

なーんて事は一度くらいは思ったことがあると思います。

 スマホの低価格化は進んでおり一昔前だと10万円クラスのスペックを搭載した

ハイエンドスマホが今では半額以下で買えたりします。

しかし、それでも変わらないのがストレージです。

私が知っている限りではAppleのiPhone7 256GBが最大です。

f:id:K6Amk2:20170712181535p:plain

いや・・・高い。

勿論、iPhoneですから選択肢としては大いにあるでしょう。

しかし、手持ちのスマホでなんとかしたい。

ってときに、ふと考えたことがあります。

NASを利用すればいい。

というわけで今回ワタシが構築したファイル・TVサーバーを紹介していきます。

 さて、NASというのは実際何なのか。

まずはNASの仕組みからご説明。

NASというのは、LAN内に設置することでLAN内に接続された他の機器から

自由にアクセスしてファイルを参照することが出来るストレージのことです。

厳密にはアクセス権限など色々あるので自由ではなかったりするのですが

ここではざっくりと。

とまぁ、文字に起こすとナンノコッチャって感じなのでペイントクオリティの

図を用意しました。

f:id:K6Amk2:20170712182642p:plain
厳密には違ったりしなかったり・・・というか独自解釈になるので

ココ間違ってるなどあるかもしれません。

このような感じになり、赤色がデータです。

つまり、みんなで共有するHDDですね。

ただ、ストレージを後から買い足すつもりもなくNASって高い。

そこで、今回はWindowsネットワークドライブを利用。

現在はこのように接続されています。

f:id:K6Amk2:20170712184838p:plain

ローカル用なのでパス隠さなくても問題はないんですがね・・・。

後々WANアクセスやVPNを組んだときのために・・・。

さて、現在ブログを書いたりゲームをしたりしているメインマシンから見て

2台のネットワークドライブに接続されています。

Zドライブ割当が主に利用しているファイル・TVサーバーです。

YドライブがPC用各種ドライバやPC関係のツールを格納しています。

前まではクラウドに投げていましたが、やはりローカルに保存するのが一番です。

余談ですが、上2つは実際に物理的に接続されているドライブです。

左側がSSD、右側は普通のHDDです。

正直、サーバー側を1TBにするべきだと思いましたが後々増設できますし

やはりメインマシンはゲームなどをインストールするので1TB必要だと感じました。

さて、サーバーPCですが主な用途としては

チューナーを搭載しているのでテレビを録画したり、ログインさえすれば

どのデバイスからも読み書き可能にしているのでファイルの出し入れが可能です。

では、仕組みについて解説。

 

f:id:K6Amk2:20170712190314p:plain

使用しているPCは例のジャンク起こしPC.

ファイルサーバーですので、スペックはそこまで必要ありません。

次に、TVチューナーです。

f:id:K6Amk2:20170712190451j:plain

使用しているチューナーはこちら。

USBタイプなので、ノートパソコンでも利用ができそうです。

後から知ったのですが、これ増設目的なのですね。

こちらを接続します。

f:id:K6Amk2:20170712190657j:plain

とりあえずで配線していますが、、、汚すぎる。

部屋の構造上、配線が面倒なんですよね(;´д`)トホホ…

左下に見えるのは初代TVチューナーさん。現在は利用していません。

録画用ソフトは定番のTVRockさん。

サクッとセットアップしました。

f:id:K6Amk2:20170712191520p:plainf:id:K6Amk2:20170712191644p:plain

サーバーですので、自動でスリープにならないように、設定を変更します。

f:id:K6Amk2:20170712191847p:plain

 コントロールパネルに統一してほしいんだけどなぁ・・・。

なんで設定アプリとかいうよくわからないものを増やしたのか。

 

これで、LAN内にいればスマホや他の端末からTVの録画ができるようになりました。

あまり実用的ではありませんが、TeamViewerなどを利用すれば

擬似的にどこでもリアルタイムでテレビが見られます。

この点は今後のんびりと方法を模索します。

 

次に、ファイルサーバーです。

まずは、サーバーPC側での設定。

Cドライブしか搭載していないので、少々危険ですが「LAN内」ということを

言い訳にCドライブを共有させます。

今後ストレージが足りなくなるでしょうからその時に共有先を移動させます。

さて、流石にC直下は危険ですので共有用フォルダを作成します。

フォルダを作成したら右クリックからプロパティを開き

共有タブを表示させます。

f:id:K6Amk2:20170712210203p:plain

左から順番に表示されます。

まず、詳細な共有よりフォルダを共有させます。

次に共有名を決めます。

ここの共有名がアドレスになるので、自分にはわかりやすく、他人には

わかりにくものをつけるとよいでしょう。

次に、アクセス許可です。

こちらは、ファイルに対して読み書きの権限です。

他のデバイスから編集を加える場合はフルコントロールにチェックを入れる必要があります。

これでサーバー側は準備完了です。

次に、他のデバイスでの設定です。

 

f:id:K6Amk2:20170712210540p:plain

 フォルダーの入力欄へ、先程の画像の赤線部分に表示されているネットワークパスを

入力します。きちんと入力されているとサーバー側のWindowsログインアカウントを入力するように

求められます。つまり、サーバー側のログインアカウントがザルだと

筒抜けになるのでアカウントのパスワードは最低12桁にしましょう。

きちんと入力が出来ると、そのままエクスプローラー上で表示されるはずです。

 

これで、Windowsを前提としたサーバーの設定は終わりました。

さて、本題であるスマホで録画データを見る設定です。

まず、アプリケーションを入れます。

f:id:K6Amk2:20170712214306p:plain

今回用意したアプリはこちら、OPlayerです。

プロ版だと広告が消えるそうですが、試験運用中のためまだ購入していません。

しかし、結論から言うとtsファイルをそのまま再生できます。

非常に優秀なので、

他に買うアプリが出来たらiTunesカードを購入して一緒に購入予定です。

 

インストールが完了したら以下を参考にサーバーを追加してください。

f:id:K6Amk2:20170712215204p:plainf:id:K6Amk2:20170712215207p:plain

ホスト名はサーバーのアドレスです。

ちなみにですが、アドレスの後に/でディレクトリを指定すると直接

そのフォルダにアクセス出来るので深いフォルダに入れている人はお試しあれ。

 

きちんと入力できるとログインを求められるのでサーバーのアカウントを入力。

きちんとフォルダにアクセスできたら成功です。

f:id:K6Amk2:20170712215209p:plain

tsファイルが表示されています。

これから増えていくのでフォルダ分けしようかと思っています。

f:id:K6Amk2:20170712215515p:plain

再生してみました。

きちんと再生できていますしシークバーもいじれるので満足です。

尚、広告消去には360円のプロ版が必要です。

別で利用しているFeilerアプリがtsファイルに対応すれば一つで済むのですが

今後に期待したいです。

以上で、ファイル・テレビサーバーの導入解説は終わりです。

 

まとめ

導入がややこしい・PCを常時起動する必要がある。

などと、若干ハードルは高いですが、それさえ乗り越えれば快適です。

NASと違って、通常のHDDを利用しますので1GBあたりの値段も安いのが魅力的です。

試したことはないですが、RAIDなどを組めば万が一のときも安心・・?

お試しあれ。