備忘録

商品レビュー・パソコン関係中心です。

iOS向け広告ブロッカー(280Blocker)を試す。

こんにちは、私です。

さて、今回は前から気になっていたiOS向けの広告ブロックアプリ。

280Blockerです。

f:id:K6Amk2:20170719133349p:plain

こちらを試してみようかと思います。

パソコンを利用している時はchromeの拡張アプリである

ADBlockerを利用しているのですが、iPhoneなどiOSで利用できて

Safariに対応しているものを今まで知りませんでした。

しかし、先日アプリのランキングを見ていたらトップに出ていた280Blocker

250円と、手頃ですので試してみました。

 

では、以下よりどうぞ。

 まずはAppStoreよりインストールをします。

アプリを起動したら

広告ブロックの機能をオンにします。

f:id:K6Amk2:20170719133652p:plain

 

次にiOS,Safari側の設定です。

iOSの設定画面に入り、Safari→コンテンツブロッカーと進みます。

ここではiPadを利用していますがiPhoneでもほぼ同じ画面です。

コンテンツブロッカーの欄に280Blockerがリストアップされているので許可します。

f:id:K6Amk2:20170719133807p:plainf:id:K6Amk2:20170719133954p:plain

これで設定は終了です。

では、実際にアクセスしてみます。

f:id:K6Amk2:20170719134145p:plainf:id:K6Amk2:20170719134214p:plain

左が280Blocker無しです。

丸印を付けている部分が大きく目立つ広告です。

特に、スマホサイトでは真ん中くらいからビーッと降りてくる帯の広告が厄介ですよね。

そして右側が280Blockerを適用した後です。

綺麗さっぱりなくなっていることがわかると思います。

続いてiPadでアクセス。

f:id:K6Amk2:20170719134436p:plainf:id:K6Amk2:20170719134442p:plain

同様に綺麗サッパリなくなりました。

こちらのサイトでは画面上半分のランキングまで消えてしまいましたが、

特に見ないですので問題ありません。ていうか広告だったの?

 

まとめ

コンテンツブロッカーいかがだったでしょうか。

導入してから、広告をほとんど気にすることなくネットサーフィンを

楽しむことが出来、快適になりました。

また、快適になるだけでなく広告を読み込むことで発生する無駄な

データ通信。こちらをシャットアウト出来るので通信料節約になると

宣伝がされています。読み込む前から弾いているのであれば

節約になりますね。このあたりは今後検証ができそうなら

やってみたいと思います。

 

お疲れ様でした。