備忘録

商品レビュー・パソコン関係中心です。

宅配業界について思うこと。

こんにちは、私です。

さて、今日の話題なんですが。

まずはこちらを御覧ください。

f:id:K6Amk2:20170804144323j:plain

先日私の家に届いたツタヤの封筒です。

"遅配厳禁!必ず即日配達"と書かれています。

伝票に印字されているので恐らく郵便局側が印字したのでしょう。

勿論、郵便局側がこうして遅配するなよ!っていう戒めでやっているなら

それはそれでいいのか悪いのか大変だなぁと思うだけなのですが

最近の宅配業者は本当に可哀想だなと思います。

例えばその代表例で言えば、Amazonとコンビを組んでいるヤマトさんです。

Amazonが日本に進出してから、荷物の量は右肩上がりです。

Amazonは基本配達料無料ですから、

そのしわ寄せはヤマトさんに来ていると思います。

契約関連はヤマトさんも相談の上での選択ですからここはあまり触れないでおきます。

しかし、Amazonにとってヤマトさんは無くてはならない存在ですから、

ヤマトさんが「値上げに応じないと契約解除する」と言ったらAmazonは断れないと

私は思います。何故値上げしないんですかね?Amazonの圧力ですか?

閑話休題

ここからは私達の話です。

少し前のニュースになりますが、佐川のドライバーさんがイライラして荷物を

投げつけたり、乱暴に扱っていたニュース。詳細→ココをクリック

皆さんはどう思いましたか?

確かに、仕事ですからイライラしてもお客様の荷物に八つ当たりをしてはいけません。

ですがこの事件には私達消費者が大きく関わっています。

不在、再配達が重なり、更にイライラを煽るような強風。

運送業者で働く知り合いがいるのですが、不在は完全に利益がなく無駄足だそうです。

勿論、こちらにペナルティがあるわけでないので容易に想像はつくと思いますが

事実です。

再配達したのに不在・・・イライラする気持ちもわかります。

全てが全て不在や再配達が原因とは言えませんが私の意見としては

こうした消費者のワガママがほとんどだと思います。

ちょっとでも遅れて指定時間に来なかったら電話で文句を言う・・・

アリえない時間にもってこいと言う・・・。

なんで宅配業者ばかりこうして上から目線なんでしょうね?

さて、ここからは少しでも宅配業者さんに迷惑をかけない方法をご紹介。

まずはこちら。

f:id:K6Amk2:20170804152024p:plain

クロネコメンバーズになるとウェブページから受取日時などが変更可能です。

結構当日朝でもパパッと変更できるので、当日急に予定が変わって受け取れない

場合でも対応して貰える場合があります。

当日や急の場合はドライバーさんに電話して持って帰って~って

言ったほうが早い時もありますがね。

 

続いてはこちら。

PackCity Japanが提供するPUDOステーションという宅配ボックス

f:id:K6Amk2:20170804152730p:plain

こちらは駅やホールなどに設置されている宅配ボックスです。

まだまだ設置場所は限られていますが、これから成長するサービスだと思います。

特に、会社員の方など、早く帰っても19時を過ぎてしまう方。

19-21で受取は可能ですが、ギリギリすぎて難しいですよね。

最寄り駅や途中の駅にこの宅配ボックスが設置されていればぱぱっと受け取って

そのまま持ち帰ることが可能になります。

 

3つ目はコンビニ受け取りです。

これは前からAmazonがサービスの一つとして行っているのでご存知ですよね。

最近はメルカリがコンビニ受け取りに対応したことでも知られています。

コンビニ受け取りは、到着後すぐに受け取ることが出来ませんが(コンビニと

Amazon受取手続きのラグなどで)24時間受け取ることが出来る上に、

配送業者さんも他に荷物があればまとめて受け渡しができるので

win-winですね。

受取が難しい場合は積極的に使いましょう。再配達するより楽ですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

例としてあげませんでしたが、他にも局留めや営業所受取り。

設置型宅配ボックスなど様々な方法があります。

しかし、営業所はそこら中にあるわけではないですし営業時間も

限られているためなかなか難しいですよね。

そんな中でも比較的使いやすいサービスをピックアップしてみました。

中でも私が一番利用するのはコンビニ受け取りです。

家の近くにありますしなによりも”家にいなければならない”という縛りが無くなるので

一日動きやすくなります。

これらのサービスは会員登録が必要な場合もありますが、基本無料です。

どんどん活用して少しでもドライバーの負担を減らしましょう。

 

おわり。