備忘録

備忘録

商品・スマホ・パソコンのレビューや解説などをしていきたい大学生が運営するブログ。

一周回ってMacが欲しくなる。

こんにちは、私です。

 

まずはお詫び。

ココ最近少し多忙で早朝家を出て、22時に帰る。

帰ったらすぐにお風呂に入ってベッドに倒れ込むという生活を送っていたので

ブログの更新が疎かになっておりました。

 

・・・というのは言い訳に過ぎません。

時間がある時にまとめて予約投稿などを駆使すれば毎日更新は出来るわけなんですが・・・・

 

さて、今日は時間があるのでさくっと更新いってみましょう。

 

先日、少しスキマ時間が出来た時に某家電量販店でiMacを見ていたのですが

ウーン、ほしいですね・・・。

現在私のパソコン環境というのは、以前ブログで少し取り上げたのですが

ノートパソコン→ASUS TransBook

自宅デスクトップ→自作PC

という環境なのですが、やはり通常使用する分にはMacがいいなーと感じます。

 

今回はそのMacがいい理由について少し紹介しましょう。

 まず第一の理由

洗練されたデザイン、スタイリッシュ。

f:id:K6Amk2:20171004090730p:plain

 

多分コレが一番です。

探せば薄型一体型なんていくらでもあると思うのですが、この薄さに

このスペックを詰め込めるのはAppleくらいです。

勿論拡張性はありませんが、Macの価値は余程適当に扱わない限り大幅な値下がりは

しませんので買い替えたくなれば古いものを売却して少し現金投資して

新しいモデルを購入してもかまわないでしょう。

話はそれましたが、とにかく薄くスペックが高いのでデスクが片付きます。

Macが置いてあるだけで汚く扱わないでおこうという意識も芽生えるでしょう。

逆に言えば、現状汚いって言うことになるのですが。

 

2つ目の理由

iPhoneとの連携がシームレスでありよりiPhoneを使いこなすことが出来る。

Windowsを利用していてもネットワークドライブで自宅のファイルサーバを保存先に

することで代用をしていますがやはりワンテンポ遅いし操作が多いです。

→ネットワークドライブを利用したファイル共有については後日記事にします。

 

3つ目の理由:動作が安定している

これも大きな理由の一つです。

自作PCの魅力は、安くて高性能なパソコンを作り出すことが出来るのですが

LGA1155対応・・・DDR3対応・・・など販売されているものは

「対応しているだけ」であって完全な動作は保証されていません。

反面、Macやその他メーカー製パソコンは一応保証がありきちんと整備されています。

保証についてですがやはりAppleは一流メーカー、故障の際も丁寧な接客で

満足の行くサービスを提供してくれます。

以前友人のiPadが不調で点検のため同行でAppleストアに行った時

の事なのですが友人がスタッフの対応を受けている最中自分はストアをブラブラ。

 

スタッフさん「何かお探しでしょうか、よろしければお伺いします。」

 

私「今日は友人の付き添いで来ているだけなので見ているだけなんです、すみません~」

 

スタッフさん「そうでしたか!こちらは新作のiPad Proですので是非触っていって下さい!」

 

と、見ているだけで買うつもりのない私に対しても笑顔で接客をしてくださり

ついでに新作のiPadをスマートにオススメしてくれるという鮮やかさ。

普通のメーカーでは買う気のない客に対してはとても適当だったりあまりいい顔はしてくれませんがAppleはただの同行である私に対してもきちんとゲストとして迎えてくれます。

また、友人のiPadはバッテリーが劣化していたようなのですが保証期間内で

無償交換という形でまるごと新品へ。

巷では対応が悪かったなど悪い噂も聞きますが今のところアップル製品を10年近く使う私は悪い店員さんに当たったことはありません。

悪い店員さんに当たったときはまぁ運が悪かったのだろうとその時は臨機応変

対応するだろうな~と思います。

 

悪い点

さて、ここまでApple信者と思われていいほどべた褒めしてきましたが

いいことばかりではありません。

ここからは何点か、箇条書き形式で悪い点を上げていきます。

 

・非対応ファイルの多さ。

まず、MacApple製品の永遠の課題だと思います。

海外では、比較的Macが主流であり資料作成やゲームなど特に困ることはありませんが

日本は未だにXPが導入されているところがあるなどWindowsが主流です。

そんな中Macを使っているとかなり困る場面が出てくるでしょう。

→解決方法としては、2台持ちかBootCampで対応できますがあまりスマートではないかもしれません。

 

・IOパネルの位置

これは現行iMacのみの話ですが・・・。

デザインを優先した結果でしょう・・・背面にあるんですよね。

せめてオーディオだけでもいいから前面にしてほしかったですね。

ただ、iPhone7以降イヤホンジャックを消し去ったあたりAppleとしては

Bluetoothを推奨したいんでしょうねぇ・・・。

f:id:K6Amk2:20171004095432p:plain

 

・故障した際すぐに対応ができない

マウスやASUSなどといったWindows搭載製品であれば結構一時的にパーツを

買い足して利用したり、どこでも売っているので近所の量販店で買った場合

すぐに持ち込めたりします。しかしApple製品の場合、売っているけど保証などは

ストアに丸投げ。なんてことがあります。

最近は遠方向けに宅配修理サービスなどもありますが当日の午前に出しても

最速明後日だったりとどうしてもラグが出てきます。

この点は専門故に仕方がありませんが、急ぎの場合は困りますね・・・。

 

 

まとめ

非対応ファイルなどが多いですが、正直なところ

Windowsを既に持っている上iMacにすればbootCampで対応できてしまう。

この点からMacに乗り換える抵抗はかなり少ないです。

13万だったらMacBook買ったことあるし買っちゃいそう・・・。